HOME > Profile

Profile

古橋柳太郎は、1910年(明治43年)東京大学工学部建築学科を卒業し、没するまで四十数年間古橋建築事務所を主宰した。
其の作品として後楽園スタジアム・麻布中学校・新島襄記念安中教会を含む多くの教会がある。
その後、三男 榮三 が其の遺志を継ぎ、1966年(昭和41年)再び古橋建築事務所を開設。
1996年(平成八年)榮三、長男 祐(現所長)を迎へ現在へ至る。

1st. Stage

古橋 柳太郎
1882  大工棟梁古橋由次郎長男として東京にて出生
1910  東京帝国大学工学部建築学科卒業
    清国政府技師として中国へ渡る
1911  中華民国成立とともに帰国
    曽禰中條建築事務所へ勤務
1914  古橋建築事務所を設立
1961  東京にて死去

2st. Stage

古橋 榮三
1924   古橋柳太郎三男として東京にて出生
1947   早稲田大学理工学部建築学科卒業
1947-1966   株式会社大林組本店設計部
1966   株式会社大林組本店設計部
1967   東海大学工学部建築学科助教授
1968-1987   昭和女子大学非常勤講師
1970   東海大学工学部建築学科教授
1990   東海大学定年退職 東海大学名誉教授
1999   古橋建築事務所 顧問
2006   東京にて死去

3rd. Stage

古橋 祐
1957  古橋榮三長男として東京にて出生
1980  早稲田大学理工学部電気工学科卒業
1983  早稲田大学理工学部建築学科卒業
1985  早稲田大学理工学部大学院建設工学科修士課程修了
1985-1989  株式会社 菊竹清訓建築設計事務所に入社
1990-2001  文化学院 建築科講師
1996  古橋建築事務所 代表取締役 副所長
1997-2003  東海大学工学部建築学科非常勤講師
1998-1999  東京工科専門学校非常勤講師
1999  古橋建築事務所 所長
2002-2003  昭和音楽大学非常勤講師
2003-2017  昭和音楽大学 音楽芸術運営学科准教授
2017-  昭和音楽大学 音楽芸術運営学科教授
昭和音楽大学のおける教育・研究活動、古橋建築事務所における設計活動と共に、劇場設計及び、劇場設計コンサルティング活動に従事
その他、公共団体の劇場計画策定委員,コンペ審査員、建設アドヴァイザー等を努める
日本建築学会 文化施設小委員会 WG委員
公益社団法人 劇場演出空間技術協会広報部会長
日本アートマネジメント学会 関東部会幹事

著書等 : ナツメ社 「図解雑学 オペラの名作」 共著 2007/02
鹿島出版会 「劇場空間への誘い」 共著 2010/10
建築画報社 伝えたい 建築をつくる心「菊竹学校」 共著 2015/01
日本建築家協会会員・日本建築学会会員・アートマネジメント学会会員
公益社団法人劇場演出空間技術協会会員・OISTAT日本センター会員
一級建築士 登録番号 203575号
昭和音楽大学 音楽芸術運営学科 教授
株式会社 古橋建築事務所 代表取締役 所長
公益社団法人日本建築家協会登録建築家